広島県内の飲酒運転による事故

2018年7月

事故 死者 負傷者
4 1 4
(-5) (±0) (-13)
( )内は昨年同期比

2018年1−7月末までの累計

事故 死者 負傷者
36 4 41
(-9) (+3) (-30)
( )内は昨年同期比

※血液鑑定の結果などで、事故件数・死者数・負傷者数が変わることがあります。

広島県内酒気帯び運転事故記録簿

日にち 発生場所 事案の概要
H30.09.14 東広島市 69歳・男性
平成30年9月14日午前4時9分ころ、東広島市西条栄町の県道において、呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有し、酒気を帯びて軽四貨物自動車を運転したもの。
H30.08.23 広島市中区 20歳・男性
平成30年8月23日午前3時5分ころ、広島市中区の市道において、呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有し、酒気を帯びて普通乗用自動車を運転したもの。
H30.06.20 福山市 70歳・男性
平成30年6月20日午後5時50分ころ、福山市の市道において、呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有し、酒気を帯びて軽四貨物自動車を運転したもの。
H30.05.25 府中市 57歳・男性
酒気を帯び、アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態で、平成30年5月25日午後9時15分ころ、府中市の市道において、普通乗用自動車を運転したもの。
H30.05.20 東広島市 63歳・男性
平成30年5月20日午後4時10分ころ、東広島市の市道において、呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有し、酒気を帯びて原動機付自転車を運転したもの。
H30.05.19 広島市東区 57歳・男性
平成30年5月19日午後6時45分ころ、広島市東区の県道において、呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有し、酒気を帯びて軽四乗用自動車を運転したもの。
H30.05.17 福山市 34歳・女性
平成30年5月17日午後7時35分ころ、福山市の路上において、呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有し、酒気を帯びて普通乗用自動車を運転したもの。
H30.04.14 福山市 38歳・女性
平成30年4月14日午前2時30分ころ、福山市の国道において、呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有し、酒気を帯びて軽四乗用自動車を運転したもの。
H30.04.04 福山市 80歳・男性
平成30年4月4日午後4時45分ころ、福山市の国道において、呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有し、酒気を帯びて軽四乗用自動車を運転したもの。
H30.04.01 広島市西区 44歳・男性
平成30年4月1日午後10時43分ころ、広島市西区の市道において、呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有し、酒気を帯びて普通自動二輪車を運転したもの。